MENU

首イボで悩んでいる方は市販薬の選び方に注意!

いつの間にか出来てしまった首のイボ。
適切な治療法も分からずに、増えていく首イボを、そろそろ本格的に治したいと動き始める方。

 

一番手っ取り早いのは皮膚科へ行くことですよね。
でも、皮膚科へ行くのは何だか大袈裟だから、何とか自宅で治せないものかと頭を悩ませているかと思います。

 

今はドラッグストアや薬局に行けば、イボに効く市販薬は結構並んでいます。
だからといってやみくもに買うものでもありませんが、だいたいの効き目は似たり寄ったりかと思います。

 

じゃあ、何に重点を当てて、市販薬を選べばいいのか?
場合によっては避けた方がいい市販薬はないのか?
そこで、ちょっと調べてみました。

 

まず、首イボケアとして市販薬の王道をいくイボコロリ。
このイボコロリは昔からある市販薬ですが、イボコロリは足の裏や手の平など、皮膚が硬くなったイボに対しては効果的ではありますが、
顔や首などには使ってはいけないとされています。

 

また、皮膚トラブルのエキスパートとして有名な、オロナイン軟膏なら、首イボにも効くだろうと思っている方は要注意です。
オロナイン軟膏はニキビ、火傷、水虫、湿疹などには効果がありますが、首イボには全く効き目がないですし、間違って塗ってしまうと、肌トラブルを起こしかねません。

 

このように、イボに効く市販薬と言っても、そのイボの部位によっては、使わないほうがいい場合もあるのです。
自分のイボの状態に合わせた市販薬を選ぶのがいいでしょう。

 

市販薬の特徴としては、ヨクイニンエキスが配合されているものが多いことと、もし、選ぶならヨクイニンエキスが配合されている市販薬を購入するのがおススメです。

 

首イボは残ってしまた角質なので、必要となるのは角質をはがす働きがあるターンオーバーを促す成分のヨクイニンエキス配合が、首イボにはいいとされているからなんです。

 

ただ、市販薬は効果を感じるまでに時間がかかりますので、すぐに治したい方には、はやり皮膚科へ行くことをお勧めします。
首イボの原因の一つとしては、お肌の保湿不足もありますので、保湿に力を入れることも一つの手ではあります。

 

市販薬で服用することと同時に、オイルなどで保湿をしていくことも大事かと思います。
市販薬やオイルももちろん効果はありますが、今はスキンケアと同時にイボケアも出来てしまう化粧品も出てきています。

 

もはや、首イボは特別な人が出来るのではなく、誰にでも出来てしまう厄介なものになっているのですね。
色々な観点から首イボケアをしていくことが大事ですね。

関連ページ

首イボとオリーブオイルの意外な関係とは!
首イボにはオリーブオイルを塗るといいという意外な方法がありました。首イボを予防し治すオリーブオイルを使わない手はないですね。
首イボには杏子オイル!その驚くべき効果とは!?
首イボケアには杏子オイルがいいと言われています。杏子オイルがどうして首イボにいいのかお教えします。
首イボケアに効果的な化粧品は何がある?
首イボケアの化粧品として艶つや習慣がおススメ!艶つや習慣では首イボケア以外にも使える化粧品として、今求められています。
首イボに今日から使える予防方法!
首イボを予防するには日々のライフスタイルの中で出来ることばかりです。首イボをこれ以上増やさないためにも、未然に防ぐためにも知っておきたい予防法とは。