MENU

イボコロリ!優れた成分の裏のNG行為

イボコロリは昔からあるイボ治療に使われているものですが、イボコロリが愛されている理由があるのです。
それは、イボコロリの主成分となるサルチル酸という成分の特殊性からではないかと思います。

 

イボコロリの主成分サルチル酸とは、どのような働きをするのでしょうか。
ここで解説してみます。

 

サルチル酸という主成分は、硬くなった皮膚を柔らかくする働きがあります。
ですから、サルチル酸をイボに直接塗ると、皮膚の角質が柔らかくなり、やがて腐食して、白いかさぶたに変化します。
その時に、皮膚の水面下では、新しい皮膚を作り出すために、表面にあるイボが押し出されて、剥がれ落ちる、というプロセスになっています。

 

ただ、サルチル酸には、今解説しましたように、角質を柔らかくすることで軟化溶解化作用を持っていることから、人によっては大きな刺激を感じる場合があります。
例えば、イボにではなく、イボの周囲の皮膚にまでサルチル酸がついてしまうと、そこの角質も軟化してしまうことがあり、お肌を傷つけてしまう場合がありますので、
イボの患部にだけに塗るように気を付けなくてはなりません。

 

顔や首、頭皮などの皮膚が薄くてデリケート部分には、絶対に使用しなようにしないといけません。
このイボコロリの主成分サルチル酸は、上記で述べたようにイボに有効な成分ですが、間違えた使い方をすると、お肌にダメージを与えますので、重々気を付けましょう。

 

もう一つ、イボコロリの使い方で気をつけなければならない点は、イボがたくさん出来てしまっている場合、一度に全部塗って、
一度に早く治してしまいたいという気持ちがあるのは、分かるのですが、一度に全部塗ることは避けて、1〜2か所ずつ使用するようにしましょう。
一度にたくさんのサルチル酸を皮膚に塗ることは、皮膚への負担が大きく、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

 

イボコロリの主成分サルチル酸と共にご紹介したい成分は、コロジオンという成分です。
このコロジオンとは、傷口に塗ると耐水性の皮膜を作る作用があり、絆創膏に使われている成分と同じ成分となります。
それが、イボコロリを使ったあとすぐに、乾燥して皮膜が出来ることを助けるので、入浴や水仕事に強く、その辺もイボコロリが選ばれる理由の一つかと思います。

 

このように、イボコロリには優れたサルチル酸という成分、コロジオンという成分が働き、イボに効く、身近な商品として愛されています。

関連ページ

イボコロリは首に使うことはできるの?
イボコロリは首イボに使えるの?イボコロリが首イボに使えないなら、どういう治療法があるの?
イボコロリで痛み!?それって安全なの?
イボコロリでは痛みを感じることもあるようです。その痛みはイボコロリのある成分が関係している!?
イボコロリの効果について
イボコロリの効果はどうなのでしょうか?イボコロリは手足指のイボには効果アリとの声が多いです。検証してみました。